鉄板焼きはどんな会食にもぴったりです

鉄板焼きの定義としては「鉄板で野菜や肉、魚介類などを焼いて食べる料理」です。

1料理人が目の前で焼いて提供してくれる高級な鉄板焼き2ジンギスカン、焼き肉などは外食で、または家庭でも楽しむことができます。

3お好み焼き、もんじゃ焼きなど昔からあるもの4キャンプでの鉄板焼き大きく分けてこの4つです。
1の場合はやはり仕事関係か結婚記念日、誕生日などの特別な会食に向いています。海外では日本料理として普及しているそうです。



234は外食でも家庭でも楽しめます。


そして、家族単体でも、どんなグループでも、何人増えてもどうにでもなるのが良いところです。

朝日新聞デジタルの情報サイトはこちらです。

子供が幼稚園くらいのときは家族ぐるみで会食すると持ちより焼き肉、自分の家では焼かないようなものも出てくるのでとても楽しいです。



古いかもしれませんが、学生の時に先輩と一緒に会食するときはお好み焼き、安くてお腹がいっぱいになるからです。
非日常であるキャンプの時は、自然に囲まれて心が和むのと、一緒に準備をするので、初対面の方とも話しやすく、仲良くなるには良いイベントです。


つまり、鉄板焼きは何を焼いても良く、コミュニケーションツールの一つなのです。
我が家では別名「なんでも焼き」でした、卵、ウインナー、豆腐、野菜、お肉、魚、ホイルでえのきバター等ホットプレートの上に全部並べて、焼けた順から食べていくから時間もかからないし、お母さんや家族の優しい笑顔、仲間や友達の笑顔が、食べ物と一緒にお腹のなかにいっぱい入ってくるから美味しくて、お腹も心もあったかくなります。


仲良くしたいときにも仲直りしたいときにも、優しくなりたいときにも鉄板焼きはぴったりです。
鉄板を挟んでのコミュニケーションおすすめです。

top